読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私のフランスの歩き方 2016~17

某トビタテ生しかちゃんの感じたフランス留学ブログ

Bonjour, comment ça va ?

フランスでフランス語圏の漫画フェスに行ってきたよルポ

今回は、週末に近所で行われた、BD(=フランス語圏の漫画)に関するフェスティバルに行ってきたので、ご紹介してみます。

こんにちは。しかちゃんです。

この頃は小難しい話題が目白押しだったので、ちょっと一息。

今、フランスでの就活について記事を書いているところで、近日アップする予定です。

そちらもお楽しみに!

 

まず、BDって何?

BD(bande dessinée、バンド・デシネの略)とは、フランス語圏(主にフランス、ベルギー)の漫画のこと。

名称は、「描かれた帯(長方形のコマ)」という意味です。そしてその名の通り、コマはいつも四角で単純な作りをしています。

代表作品に、

・『Tintin(タンタンの冒険)』:記者の少年が冒険して事件解決!シリーズ

・『Asterix(アステリクス)』:カエサルと戦った伝説上の偉人「ヴェルサンジェトリクス」オマージュの、石器時代フランスで大暴れ!シリーズ

が挙げられます。

 

イラストをじっくり見れる、絵本のような装丁と大きさ。

大人がコレクションにしたいような、細部まで描きこまれて色彩も独特な作品も多々あります。

 

こんなイベント

f:id:shikachan-en-france:20170306035912j:image

 

オルレアンの街から東におよそ10キロのSaint-Denis-en-Valという街の、Salle des fêtes(市の文化ホールのような施設)にて。

「フェスティバル」とはいえ、こちらはこじんまりとながらも、ちびっこに大人気といった感じでした。

入場料も、大人3ユーロ(2日間だと5ユーロ)、18歳以下無料となかなか良心的。

Bulles en Val – Samedi 4 et dimanche 5 mars | Saint-Denis-en-Val

 

f:id:shikachan-en-france:20170306035926j:image

作家の先生のサインコーナーもあり、賑わっていました。

有料で好きなキャラクターのイラストとセリフを一面いっぱいに。

デフォルメされたキャラクターを無駄な線なくスラスラを描きあげる様はまさに職人芸!

 

f:id:shikachan-en-france:20170306035930j:image

お絵かきコーナーがあり、子ども達が描いたキャラクターを飾る、こんな一角も。

イラストの後ろにあるように、BDの即売コーナーもたくさんありました。ドラゴンボールやワンピースといった日本の漫画のフランス語版も売ってました。

 

写真は撮りませんでしたが、中にはミッキーミニーのパチモンのパネルを飾ったなんかアヤシ〜イ中古販売ブースがあって、チラチラ見ていると、そこでは買うなと誘ってくれた彼に釘を刺されました。おっとっと。。。

(こういうの、たまにあるんですよね。クリスマスマーケットのあるブースに偽物のディズニーキャラクターのイラストを付けたお粗末なアトラクションを見かけたり。日本の夏祭りでもあるような、テキ屋がフランスにも存在するのだなと。)

 

他には、BDの制作途中の様子をあらわす展示もありました。

f:id:shikachan-en-france:20170306035937j:image

なかなか大胆に描き直しをするみたいです...!

 

そして、有名なベルギージョークをイラストにしたものも。

ご存知でしょうか?

f:id:shikachan-en-france:20170306035940j:image

”Comment faire enrager un belge ? On lui demande l'heure.”

「どうやってベルギー人を困らせる?彼に時間を尋ねるんだ」

f:id:shikachan-en-france:20170306035943j:image

”Là, il veut regarder sa montre et renverse son paquet de frites.”

「そしたら、彼は腕時計を見ようとしてフライドポテトの袋をひっくり返す」

 \どっひゃー/

ってね。

 

週末の過ごし方

こんな風に、フランスの市民文化ホールがどのように使われて、フランスの小さい子どものいる家族は何をするのか、垣間見れた週末でした。

 

こういう大衆的な部分というか、その街に住む人々の普段の生活を感じられる場面って、観光するだけではなかなか見られないところだと思います。やはり長期滞在ならでは。

留学生って、休みの日は旅行や遊びに行くか室内にこもって勉強するか、割とこの二択に絞られるような感じがあります。が、そこを近所のまちや片田舎へ訪れてみて、普通の人々の普通の暮らしを体感してみるのはどうでしょうか?

私の留学生活も折り返しを迎えましたが、引き続きこの線でいくつもりです。

わくわく。