私のフランスの歩き方 2016~17

某トビタテ生しかちゃんの感じたフランス留学ブログ

Bonjour, comment ça va ?

自立した若者とバレンタイン

ここの大学では、soirée(ソワレ、パーティーの意)はたいてい木曜日の夜に行われます。うちのクラス金曜朝8時から授業あるから行けない...

なぜって?それは金曜日の放課後にみんな実家に帰るからです。

そして、日曜夜もしくは月曜朝にトランクをゴロゴロ引きずって大学へ戻ってくるフランス人学生をよく見かけます。

日本では実家から遠い大学に通っている私は、実家暮らしや頻繁に帰れるのを羨ましく思っていました。

私の中国人の友達は、高校から全寮制が当たり前らしく、日本の高校生の恋愛映画を観た際、「どうして放課後いちいち家に帰るの?」と思っていたそうです。ほとんどの日本人は家から学校に通ってると答えると、なかなか驚いていました。

 

自立するってどういうこと?

自立の定義を、簡単に実家の外に自分の生活の基盤を置くこととすると、文化や習慣の違いがよく見えてきます。

先ほど中国の例を挙げましたが、ちなみに、結婚後は2世帯・3世帯が伝統的なんだそう。ですが全体的に核家族化傾向です。

ヨーロッパにおける、実家暮らしの若者(25歳から34歳)の割合を表した地図があります。一般的に、北欧の若者は親元を離れて暮らしていて、南欧ではそうでないことがわかります。

f:id:shikachan-en-france:20170212210903j:plain

この地図は、@AmazingmapsというTwitterアカウントが一昨年発表したものです。こちら、他にもたくさんの地図を紹介しています。ちなみに私がお気に入りなのはこれ。「デンマーク人はどのようにヨーロッパを見ているか」

それはともかく、デンマークはヨーロッパ1の自立度を誇っています。その訳は、学生に優しい制度が整っていること(学生時代6年間、月650ユーロ支給)若者の失業率が低いことなどが挙げられます。

このように、国の政策や経済状況によって、若者の実家暮らしの割合は左右されます

金融危機に苛まれたギリシャでは特に高い割合なのが見て取れます。

しかし、実家の方が快適だから留まるパターンもあります。イタリアの例を見てみましょう。

親の本音は、出て行ってほしい?

 イタリアでは、伝統的に息子をちゃんと育てることが重要視されるらしく、そのような背景で割合は高いです。

そんな中、母親たちの現状を歌とダンスでポップに伝えるミュージックビデオが出されました。これは、ある銀行が経済的にも自立した若者に対する融資サービスの顧客拡大を画策して打ち出したものだったのですが、イタリアの母親たちから広い共感を呼んでいるそうです。

題名の"Smammas"とは、イタリア語でお母さん(複数形)という意味の"mammas"と、立ち去れという意味で"mammare"の言葉遊びです。ビデオでは、「子供」が散らかした部屋をうんざりしながら片付ける姿が見られます。(下のサムネイル画像は、同じ境遇の母親たちが隊を組んで歌い踊るシーンから。さすがイタリア。)


Smammas by Webank in 30"

 

フランスの若者

それでは、フランスはどうでしょうか。地図を見ると、隣国ドイツ・イギリスほどは高くないが、それでも低くはないといったところでしょう。

フランスには、学生住宅保障la Caisse d'Allocations Familiales - CAF)という社会保障制度の一環のallocation(アロカシヨン、手当金)が支給されます。ちなみにこの制度はヨーロッパ唯一で、寛大にも外国人学生に対しても適応されます

www.japon.campusfrance.org

今改めて思ったんだが、私マイページみたいなの開設したのちの記憶がないぞ...ちゃんと適応されているのだろうか。こないだ第2セメスターの寮費ふつうに払ったし...なんかお腹のあたりぞわぞわする。

しかし、それでは若者の「自立」促進には繋がらないらしく。この辺りの割合にとどまっています。

 

Tanguy現象

ところで、フランスでは、25歳から34歳になっても親の家で住み続ける若者を、「Tanguy(タンギー)世代」、その世代の登場を「Tanguy現象」と言います。日本でいう「パラサイトシングル」の専門用語と広義は共通です。

Tanguyはフランス人男性の名前です。誰?

2001年に放映されたコメディー映画"Tanguy"の主人公、タンギー君です。

彼は28歳。研究のため学生をやっており、実家に暮らしています。

この映画の中で、このような「新しい世代」の現状が描き出され、有名になりました。

映画のワンシーンを観ましたが、なかなかパンチが効いていました。例えば、退職して余生を楽しもうとする両親が夕食後ちょっとリッチなワインを嗜もうと思ったら、勝手に息子に考えなしでパーティーに持って行かれてた、とか、彼が論文執筆の進行が芳しくなくてまたこの状況がズルズル続くけど実家にいていいよね?ボクが残るのお母さんも嬉しいよね?って話したりとか。

 一般的に、こういう場合、ネガティブなニュアンスがあります。ただ、社会的な訳もあり、一概に若者は実家を離れて暮らせばいいんだと言うこともできず。もどかしい面があります。

www.allocine.fr

これについてどう思うか、私の身近なフランス人でこのまま博士号を目指すとTanguy世代に手が届きそうな彼に聞いてみたところ、あまり否定的には捉えていないみたいです。勉強か仕事かはしていて、別に何もせず親の臑を嚙る訳でもないし。ただし一般論として、そのくらいの年齢でまだ実家暮らしだと、恋人を連れて行くのは気まずいしそういうカップルは長く続かないんじゃないか、と答えてくれました(さすがフランス人)。

 

そういえば今週の火曜日はバレンタイン。

彼はこの間の1周年記念ディナーで金欠のため、多分バーガーキング です。フランスのバーガーキングにだけ、期間限定カップル用ストロー付きカップがあるとネットニュースで見かけたので(さすがフランス)、野次馬根性で見てこようかな。

フランス大統領、その役割とエピソード

2017フランス大統領選。

 

よく朝の支度の際にフランスのラジオを流しているのですが、この頃頻繁に政治の話を耳にします。

この前フランス人と話していて、「日本の大統領どうなってるの?いないって本当?」と聞かれました。

それってそんなにおかしなことかな?それなら私はフランス大統領の女性関係スキャンダルが気になる、、、

 

今回は、フランスの大統領って?誰がどんなことをしているのか?まとめてみたいと思います。

 f:id:shikachan-en-france:20170129235114j:image

第五共和政における大統領

 フランス革命でルイ16世をギロチンで処刑してから確立された政治を第一共和政とし、シャルル・ド=ゴール将軍がアルジェリア戦争を背景にし1958年に打ち立てた第五共和政が今でも続いています。

・直接普通選挙によって選出

(選挙権のあるフランス人(18歳以上、重犯罪者以外など制限あり。新成人は事前に各自治体にて選挙リストに登録が必要)

・任期5年(最大2期まで可能)

シラク氏の任期中に、以前の7年から短縮されました。そのため彼は2期12年大統領を務めました。

官邸であるエリゼ宮は、パリ8区にあります。毎週水曜日の朝には大統領と各大臣の会議が行われます。

 

内政、軍関連

外交、国際関係に責任を持ち、協定や条約に署名する。

核兵器使用の決定権を持つ。

戦争時やテロの脅威下などといった国の非常時には、憲法16条により大変広範な権威を持つ(しかしその期間中は国民議会を解散できない)。

 

モンテスキューを生んだフランスは、その三権分立を行なっています。

大統領は、立法権・行政権・司法権のうち、行政権を担います。

 

行政権関連

首相を指名し任命、首相とともに各大臣を任命。

また憲法制定協議会議長及び9人中3人の役員を任命する。

大統領は閣僚会議にて議長を務める。

政府によって決定された法令に署名する。

軍・文民(政府高官)のポストを任命する。 

 

司法権との関係

恩赦を与える。

 

立法権との関係 

 国民会議(l'Assemblée nationale)の解散

法律の公布(でなければ法律は効力を持ちえない)

法律を通すためレファレンダム(国民投票)を使って国民に意見を求める(憲法改正案など)。

  f:id:shikachan-en-france:20170130000728j:image

コアビタシヨン

もし大統領と国民議会の大多数とが異なる政治的立場の場合、大統領は国民議会の大多数と同じ政見の首相を選出します。これを「コアビタシヨン(cohabitation・共存)」と言います。

右派でRPR党のシラク政権下にてこの状態が発生し、首相には国民議会の多数と同じく左派で社会党のジョスパン氏となりました。

 

第五共和政、歴代大統領とそのエピソード

シャルル・ド=ゴール将軍

妻イヴォンヌは献身的なイメージで語られた。

当時、大統領のプライベートは不可触で想像もされないものだった。

 

ジョルジュ・ポンピドゥ

初めて自らサロンにメディアを呼び、妻クロードゥとともに「大統領夫妻」を演出。

 

ヴァレリー・ジスカールデスタン

ポンピドゥのようなメディア戦略を継承し、妻アンヌ=エモンヌは、毎年元旦に行われる国民への挨拶の際放送に登場。

 

フランソワ・ミッテラン

国家元首らを迎える際に妻ダニエールも同行したりとメディア露出あり。

しかし彼がエリゼ宮を去る数ヶ月前に隠し子の存在を公に。彼の葬式にて、正妻と第2パートナーであったアンヌ=パンジョは政治的な場面で初めて同じ画面に映った。

(これは死を予感して、財産分与などの心配から婚外子を公に認知させたらしい。)

 

ジャック・シラク

ジャーナリストでもあった妻ベルナデットによって、夫のプライベートを明かす本が発行された。

 

ニコラ・サルコジ

彼は任期中に離婚した初めての大統領。そして、新パートナーのカーラ・ブル二と「新しいカップル像」を見せた。

また彼は会見の際にこの件に対し「私たちのことを隠したいと思わなかった。ただある朝の私の写真を撮られてほしくはなかった。嫌な気分だ。そして、お判りの通り、これは真剣だ」と言及した。

 

フランソワ・オランド

彼は意に反して、不倫相手に会いにスクーターで移動しているシーンをパパラッチされてしまった。

 

彼らのエピソードから、大統領のプライベートとメディアの関係性の変遷を見て取ることができます。

フランスの政治評論家アラン・デュアムルは、オランドのパパラッチの件について、大統領のプライベートな生活は彼の政治的手腕とは全く影響のないものであるべきとし、このような写真が出回ることは、彼の生活を奪うことだとしました。

 

でも私がつい考えてしまったのは、日本の、育児休暇を取ったにも関わらず不倫が発覚した某元男性議員のこと。しかも奥さんが妊娠中の出来事だったそうな。政治家の政治的人生と個人的な人生は混同すべきでないとの考えもわかりますが、この場合は、彼の政見と行動が矛盾していますし、プライベートでの事実発覚・辞職によって、「こんなやつに男性の育児休暇を推進されて税金納めるところだったのか、危なかった」となるのもわかります。

 

今では、フランスにもたくさんのゴシップ雑誌があり、政治家もまるで芸能人のようにネタにされるそうです。それを見てどう思うかは置いておいて、どうしてそう扱うようになったのか、現状を顧みてみることも必要なのかもしれません。

 

参考動画

TV5mondeより。(フランス語)

Actualité mondiale | Enseigner le français avec TV5MONDE

 

君はともだち

先日から、第2セメスターが始まりました。こんにちは。

新学期、クラスが替わったり、何人か帰国したり何人かが新しく入ったり。

なかなか忙しくなってきたしかちゃんです。

 

さて、私が今留学中のオルレアン大学、フランス語クラス(IDF=Institut de Français)では、様々な学生が学んでいます。

 

f:id:shikachan-en-france:20170121224955j:plain

 

私のように、大学間で提携があって交換留学制度を利用している学生や、

これからフランスで大学や大学院に入るためフランス語の資格所得を目指す学生、

また、フランス人配偶者がいてフランスでの生活のためにさらに語学力が必要な学生もいます。

そのため、国籍はもとより年齢も経歴もバラバラ。

でもクラスメイトはタメ口(tutoyer・チュトワイエ、主語を「君(tu)」として話す)です。

面白いのは、日本人同士で話すとき、

先輩であってもフランス語だと普通に同じクラスメイトとして同じ立場なのに、日本語でだと敬語になるところかな。

 

とはいえ、フランス語にも「敬語」はあります

基本的に、知らない人や目上の人との話す際は、

「vouvoyer・ヴヴォワイエ」と言って尊敬語と丁寧語に当たる「です・ます調」、

主語は「あなた(vous)」です。

先生と話すときはもちろんこちら、そして先生が学生に話しかけるときもそうです。

たまに友達と話すように学生としゃべる方もいますが。(まぁブルーノ先生の場合は、どう見てもお父さんと子どもよね笑)

例えば、寮の廊下で初めて会った人ともこの「敬語」で話しかけるのが無難です。

が、パッと見た感じ同年代だったらタメ口も可、らしいです。

ただし、そこでSalut ! と挨拶するのはあんまりよろしくない。

「え、友達でもないのに、なんなのあいつ」みたいな印象になるとのことです。

 

そこらへんの距離感は日本と似てるかな?

 

(私はこのSalut ! とか、Coucou ! とかいった友達間の軽い挨拶を、日本語で「やっほー」だと認識していて、そう言うと他の日本人からは、今時「やっほー」はない、とか言われまくったのですが。。。

待って他に何があるの?え、てかみんなやっほー言わない。。。??)

 

フランス語と「友達」にまつわるお話

 

フランス語で「友達」を表す単語は、"ami"と"copain"、ふたつあります。

日本でもカタカナで「モナミ」とか「コパン」とか、

店や商品の名前に見かけたことがあるかと思います。

 

どこが違うの? 

"Ami"は友達

"copain"は知り合いよりも親しいけど、友達っていうほどでもない間柄

なんだとか。

 

"Ami"だけでもなかなか大事な友達と表すようです。

その中でも一番の親友は、"le meilleur ami / la meilleure amie"と言います。

 

所有形容詞

ただし、”mon” copain, “ma” copineと言うと、彼氏・彼女の意に取られます。

普通、友達の話をするときに、あまり所有形容詞をつけません。

そうしてしまうと、「あの子は「私の」友達。だけど他は違うし」みたいになってしまうみたい。

不定冠詞(英語で言うa,an)を使います。「私の友達のひとり」というニュアンスです。

 

他には、

"pote"という言い方もあります。

翻訳をかけると「相棒、仲間」と出て来ますが、

むしろ「ダチ」みたいな感じで、ラップやポップスの歌詞によく見られます。

 

どれも人との友好関係を表す単語だけど、どれも同じではないとわかります。

"Ami"と"copain"の定義の違いは、フランス人の私の彼に教えてもらいました。

彼は、親から、また高校(Lycée・リセ)の哲学の授業から、

この「友達」の単語の違いと定義を教わったそう。

学校で扱うとはびっくりですが、人間関係でつまずきやすい思春期の高校生に、授業内で友達について考える機会があるなんて素敵ですよね。

ちなみにフランスのこの哲学の授業というものは、日本でいうと、高校倫理と小学校の道徳の授業を足して2で割ったようなもの、といえばわかりやすいでしょうか。

今までの哲学者やその思想についての知識だったり、人生の漠然としたテーマにディベートしたりするらしいです。

日本でいうセンター試験に当たるバカロレア(baccalauréat)にも、哲学の試験があります。

 

友達100人できるかな

某「素敵留学奨励プログラム」の研修にていただいたありがたいお言葉をいくつか覚えているのですが、その中に、

「留学中、信頼できる友達を100人作ってください。」

というものがありました。

昨今、友達といったらSNSでつながるだけでなれてしまうようなところがありますが、

この言葉の場合はそうではなく、まさに”ami”、生の語り合って分かり合える友達という意味だったように思います。

 

100人、ねぇ。なかなか遠い道のりだなぁ。。。

f:id:shikachan-en-france:20170121224404j:plain

 

フレームの外側のパリ

こんにちは。

先日の旅行でモンサンミッシェルに大いに感銘を受けたしかちゃんです。

 

今回も前回と同じく、抱いていたイメージとの不一致に苦しむ「パリ症候群」を念頭に置いて、パリの後ろ暗い部分を考えます。

 

街角で目の当たりに

有名観光地のすぐそばで、物売りの声が。

でも、普通のお土産屋さんとはちょっと違う。。。?

 それを最初に見かけたのは、エッフェル塔を望む広場でのことでした。

 

私が周りのパリ観光経験者から聞いていた事例は、

・急にミサンガを腕に付けられ買わされる

・興味を示すと数人に囲まれる

といったようなこと。

物売りではないけれども、他には、

・アンケートに協力しろと言いファイルを押し付け胸ポケットをまさぐられる

なんていう事例も。

 

そして、あのガイドブック『地球の歩き方』の読者のトラブル経験の投稿コーナーにもおなじように、
「モンマルトル、サクレクール寺院の前で数人にミサンガを売りつけられそうになって慌てて断った」というエピソードがありました。

 

道端で観光客に声かけてくる人には関わらないのが身のため。。。!

 

 主な商品はと言うと、エッフェル塔のミニチュアやカバン、夜には光り物も。

(ミサンガはなかったなぁ。消費者被害が多くて規制されたとか。。。?)

まぁどうってことない小さなお土産品といったところでしょうか。

数人グループで固まっていたり、広場にシートを広げたりしていました。

実際、観光客としては通り過ぎるのが大半でした。

 

景観によろしくない上にうっとおしい、嫌な気分になってしまう、

「パリは治安が良くないから」で片付けてしまう。

ですが、そこで、

「ではなぜ彼らが、ここでこうすることに至ったのだろうか」

と考えてみます。

 

観察と邪推

 

 どうしてここで、誰がこんなことを?

 

稼ぐため

まぁお金欲しさでもなければ、パリの夜景の中ガタイのいいお兄さんが、いささかひょうきんな光るカチューシャを頭に売り歩いたりはしないだろう。

場所はいつも有名どころ

観光地だと、財布の紐がゆるい外国人に目をとめてもらえる。

誰だろう…

よく見ると、みんな揃って成人黒人男性だった。日中も夜も、商品は変われど同じ人を見かけるところから考えて、一日中このようなことをしているようだ。
移民や難民ではなかろうか。


しかし、特に難民といえば、着の身着のままで逃れているようなイメージがあるが、
彼らはきちんとした身なりで、たくさんの商品を抱え、時にカタコトの英語を話している。
そう隣の私に同行してくれたフランス人に話してみると、
フランスの移民難民はお金をもらっているから、そうであっても別段おかしくない、とのこと。

きっと、援助された資金で何らかのルートで商品を仕込み、売り渡って生活しているのだと。


日本人の私からみるとなかなか異様で
「行かないとわからないフランスの現状を垣間見れた」とほくほくだったのだが、
フランス人の彼には「だからこういう観光地は苦手なんだ」と映るらしく。

 

つい私も、写真を撮るときに彼らが写り込まないように避けてしまった。

 

フレームの外側の、パリ。

f:id:shikachan-en-france:20170115230439j:plain

 (このブログの写真は全て筆者撮影)

 

 

 

「花の都」パリとカルチャーショック

こんにちは。

実はまだ休暇中の私は、来週ノルマンディー上陸後、ロンドンへ行ってきます!

旅行計画立てにるんるん気分のしかちゃんです。

 

さて、第2回はフランスといえばパリ、そしてカルチャーショックについてのお話です。

 

パリ到着

「花の都」パリ。

美しい街並み、まさにアムールのランデブーでアヴァンチュールなひととき。

 

シャルル・ド・ゴール空港からパリ入り。

ホテルのある郊外からメトロに乗って、中心部へ。

到着して階段登った瞬間目の前に

f:id:shikachan-en-france:20170107074919j:plain

HOTEL DE VILLE(壮麗な建築物←意訳)…

腰抜けましたね。笑 

こ、これがパリかー!

って体感しました。

 

でも、

パリは、いろんな人がたくさんいる街です。

良くも悪くも。これが率直に感じたところです。

 

パリ?なんかこれじゃない感、、、?

 

「花の都」に大いに期待し胸を膨らませて行くと、

 

「パリ、なんかこれじゃない」「受け入れられない」

「自分も受け入れられてる気がしない」

 

となってしまうことがある、と言います。

 

f:id:shikachan-en-france:20170108015646j:plain

「パリ症候群」

 

ざっくり言うと、

「思っていたのと違う。がっかり。もう嫌だ。」

といったうつ状態になってしまうこと。

美しい街と思っていたのに。。。汚い、臭い。人が不親切。

 

私の場合は、お友達のフランス人学生やフランス留学の先輩から

「パリ汚いよ〜怖いよ〜気をつけなよ〜」

と事前に言われすぎていてもはや助言が飽和状態だったのですが、

それは「がっかり」を防ぐための優しさだったのでしょうか。。。

 

汚さ

忠告のおかげか逆に「あれ、そこまででもないか」と思ってしまいました。

ただし、パリに限らず、

道にゴミ箱があるのに、そのすぐ近くにポイ捨てがある状態には若干引きました。

百歩譲って、ゴミ箱に入れようとしたけど風で飛ばされたとしましょう、そうしたら許せる気が。。。

しないな

臭い

異臭に関しては私にとって、東京を離れて何年ぶりかに新宿に降り立った際のムッときた臭いに比べると、そんなに苦しくはないです。

が、歩きながらタバコを吸っている人は格段に多いです。

分煙もまちまちで、あるレストランでは、喫煙者はみんなテラス席で中はガラガラ、

タバコ嫌いな人は入店時に息を詰めないといけない、なんてことに。

親切心

多少間違っていても一生懸命フランス語で話すと、邪険にするフランス人はそうそういないと感じました。

彼ら自身も観光客でない限り、

一般的にフランス人は見も知らぬ他人から道で話しかけられることに抵抗感を持っていないようで、

道案内も丁寧でした。(ここは、私の好きなところ)

 

とは言え、ここはしっかり注意!

なんだ、そんなに悪くないじゃん

と安心するのは早いです。

治安

スリ対策:貴重品はウエストポーチで身体に近く。

     肩掛けカバンは斜めがけで入れ口(チャックの紐も)付近を握っておく。

お友達のパリジェンヌの経験談によると、

貴重品をコートのポッケに、そして手を入れて警戒していたにも関わらず、

ちょっと手を出して何かしていた隙に財布をすられてしまったそうです。。。!

立派な観光地パリ、たいていの観光名所で手荷物検査は行われていますが、

人混みの中は注意が必要です。

 

落し物がちゃんと帰ってくる日本から出たことのなかった私には、

頭でわかっていたとはいえ、なかなかのカルチャーショックでした。

 

やっぱりパリ

なんといったって、やっぱりパリ。

何気ないカフェのオーニングがかわいかったり、

建物の優美な装飾に惚れ惚れさせられたり。

被写体がいいんです。

そしてカメラを通すと綺麗なものしか切り取られないんです。

思い出フィルターもかかってしまうんです。

案外、こうして「花の都パリ」を形成してしまうのでしょうね。

 

 

次回:フランス、パリの闇?街角で目の当たりにした真実と考察。

 

ブログはじめます

こんにちは。あけましておめでとうございます!

 

はじめまして!

ただいまフランスにてトビタテ留学4ヶ月目のしかちゃんと申します。

地方国立大学から派遣留学生としてオルレアンで学んでいます。

私の留学生活で見ること感じることを伝えたくてうずうずして、ついにブログを始めました。

 

 

突然ですが、フランス留学と聞いて、何を思い浮かべますか?

キラキラなおフランス生活?手続きとかややこしくて意外と大変?

昨今のテロや日本人留学生の事件など、けっこう怖い。。。などなど

 

今のところ、私のフランス留学は、どれも当てはまっていません。

 

自分の目の前のことに精一杯で、がむしゃらに走り抜けたような4ヶ月でした。

その中で、はたと立ち止まって考えたこと、今まで自分の脳内ブログにとどめていたこと、発信したい! 私の新年の抱負です。

 

 

このブログの目当て:

①日本人留学生から見たフランスの現状を伝える

②自分の感じたことを文字にして実感する

 

主に私のような、国際関係や異文化交流、言語に興味のある学生さんに届くといいな。

ガイドブックに載ってないフランスを垣間見てみてください。 

 

これから扱うトピック:

・ざっくりフランス文化

・パリ、フランスの街について

・日仏カップルから見る日本とフランス

・フランスでフランス人によるフランス語の授業

・フランスで仕事するには?(履歴書とCV・LMの違いと書き方)

など

 

書きたいことたくさんあります。

ぼちぼち更新していきます。

 

 

次回、日本からパリに降り立ったしかちゃんのカルチャーショック?

大検証:パリ、行ったらこんなとこだった!

 

お楽しみに :)

f:id:shikachan-en-france:20170107025726j:plain

Bonne année 2017 !